「あなたの愛車を最高額で売るため」の
初めての車売却! 車買取り 無料一括査定 活用法 (全国)です。
申込手順や入力方法、高く売るための秘訣などを紹介致します。

あなたの愛車を最高額で売るためのポイント

  • あなたが愛車の売却を考えているのなら、当然のことながら少しでも高額で売りたいと考えるのがごく自然のことだと思います。
    大切な愛車を手放すのだから、少しでも高く買取ってもらえるよう「車買取業者」をうまく活用しましょう。
    また、買取価格(査定額)は車買取業者により様々となりますため、出来るだけ多くの車買取業者から査定(見積り)をしてもらうという事が重要です。
    より多くの車買取業者から査定(見積り)をしてもらう事で数万円~数十万円の違いが出るということもよく聞く話です。
    初めての車売却! 車買取り 無料一括査定 活用法 (全国) 」では、
    どこよりも簡単に必要なポイントだけをわかりやすくご紹介します。

    初めての方のために、解りやすく査定(見積り)の申込み方法(申込みのやり方)や入力方法(入力のやり方)などを実際の画像を使用して解説しています。
    是非最後までご覧頂き高額買取価格の実現へお役立て下さい。



基礎知識

  • ● 愛車を手放す際にどのような方法があるかを考えてみましょう。

    ● 愛車を手放すには大きく分けて2つの理由があります。




    1つ目は、車が不要となり手放す場合。
    2つ目は、新しく車を買い換えるために手放す場合です。



    ご安心ください。
    上記のいずれの場合も、これからご紹介する無料一括査定(見積り)サイトを活用頂きますと
    最高額で売る!」ことが出来ます。


    ● 愛車を手放す方法として「下取り」「買取り」の2つのタイプがあります。
    では、「下取り」と「買取り」の違いについてご説明致します。

    ■ 「下取り」とは
    「下取り」は、自動車販売店(ディーラー)で新しい車を購入する際に、現在使用している愛車を売却してその売却額分を新しい車の購入額より差引して頂くという事をいいます。

    メリットとしては、
    1. 手放す愛車を新しく購入する車の納車まで使用することができるため、
     代車が必要ないということ。
    2. 人気のない車や年式の古い車なども自動車販売店(ディーラー)が
      新しい車を買ってもらえるように無難な額を出してくれるということ。
    3. 新しい車の購入時に売却額 +αの値引をしてくれるということ。
    4. 「下取り」手続きなど全てを自動車販売店(ディーラー)が行って
      くれるので手軽ということ。

    デメリットとしては、
    1. いくら愛車を社外パーツでドレスアップしていたとしても、
      +αの価格がつきにくいということ。
    2. 「車買取業者」同士の競争がないため、「買取り」の場合よりも
      売却額が低い傾向があるということ。
    3. 愛車が他社製の場合、「下取り」価格が低い傾向があるということ。

    ■ 「買取り」とは
    「買取り」は、「車買取業者」に愛車を査定してもらいその見積り額で愛車を売却して売却額を受け取る事をいいます。

    メリットとしては、
    1. 「車買取業者」同士で愛車の査定を競争してもらえるので、最高額で売却する
     ことが出来るということ。
    2. 愛車を純正パーツや社外パーツでドレスアップしていた場合、見積り額アップの
      可能性が高くなるということ。
    3. 「下取り」よりも、評価の基準が細かいため、高値がつきやすいということ。
    4. 「買取り」後の売却額の振込が速いということ。

    デメリットとしては、
    1. 「車買取業者」への査定依頼を自分で行わなければならないということ。

    以上が、「下取り」と「買取り」の違いとなります。

    あなたが本気で愛車を最高額で手放したいとお考えなら、
    買取り」をおススメ致します。


    ほとんどの場合、「下取り」は「買取り」ほどに高額にはならないのが実情です。
    自動車販売店(ディーラー)の提示額そのままで「下取り」に出してしまうと、
    何十万円も損をしてしまう可能性がありますので「買取り」と比較してみるのも
    良いでしょう。
    「買取り」で唯一のデメリットである「車買取業者」への査定依頼については、
    複数の「車買取業者」へ簡単に、しかも一括で依頼を行うことが出来ます。
    依頼の方法は、至って簡単!
    自宅にいながら、時間のある時にパソコンから必要事項を入力するだけ!
    どなたでも、たった数分で手続きが完了します。








    今すぐ、「車買取り無料一括査定」をお申込みの方は、
    こちらから手続きをどうぞ。



なぜ一括査定が高額査定に?

  • ● 1社で決めてしまうと損をしてしまう可能性があります。

    見積り額は買取業者毎に大きく異なる


    車買取業者から査定後に提示される見積り額は買取業者毎に大きく異なります。
    ということは、買取業者1社で決めてしまうと大きく損をしてしまう可能性があるということです。

    ではまず、プロの「査定士さん」が車を査定するときはどのようなところをチェックするのでしょうか。
    おもに次の項目を確認します。
    1.車種、グレード
    2.年式
    3.走行距離
    4.ボディカラー
    5.外装のキズやへこみ、足回りやエンジンなどの状態


    これらの項目を複数の「査定士さん」が査定した場合でも、多少の違いはありますがほぼ同程度の「評価」となるはずです。
    ところが、車の評価をもとに算出される見積り額は買取業者毎に違うことがほとんどなのです。

    それでは、いったい何が見積り額の差につながるのでしょうか。
    理由は、買取業者各社の見積り額の算出方法の違いというよりも、車買取業者の「独自の販路」や「必要な車種」「顧客層」など、さまざまな事情より見積り額に差が生じていると言えます。
    買取業者は、車の持主から買取した車を当然利益を上乗せして販売しなくてはなりません。
    従って、買取業者はその買取した車の販売ができる買取業者でなければならないということでなのです。

    理由1:車買取業者ごとに「独自の販路」を持っているから
        車の見積り金額は、車買取業者が持っている販売ルートに強く影響を受けま
        す。
        例えば、日本国内にしか販路を持たない業者と、海外への販路をメインに
        している業者を比べてみましょう。
        日本では、新しく、きれいな車 に需要が集まりがちですが、海外販路では
        年式が非常に古い車や故障車にも需要はあります。
        査定金額は、その車の需要によって算出されるもの。
        つまり、故障車や古い車は海外販路に強い車買取業者の見積り金額のほうが
        高くなりやすいというわけです。

    理由2:車買取業者ごとに必要な車種が違うから
        それぞれの車買取業者が抱えている事情にも、見積り金額は左右されます。
        例えば在庫状況。
        同じ車を買い取る場合でも、在庫がある業者と、在庫のない業者では、
        在庫のない業者のほうが、見積り金額は高くなる傾向があります。
        そのほか、地域・季節的な要因で、特定車種に需要が集まるケースもあ
        り、見積り金額に開きが生まれるのです。

    理由3:車買取業者ごとに顧客層が違うから
        車買取業者の得意な分野によって顧客層が変わってきます。
        極端な例を挙げれば、4WD車を専門に扱っている買取業者の場合、4WDを
        求めている顧客が多いと言えます。
        得意分野の車種の場合、顧客も多く販売しやすいため利益が取りやすいく
        なります。
        逆に、4WD車以外の車を買取った場合、顧客が少ないため販売時にリスク
        が生じやすくなり見積り額に開きが生まれます。

    まずは、自分の車がどの買取業者の得意とする車なのかわからないので、複数の買取業者へ査定を依頼して各社競争してもらうということが高額査定に繋がります。

    しかしながら、複数の買取業者への依頼を自分で探し出し1軒づつ連絡をしていくというのは非常に手間がかかってしまいます。
    そんな時、一括査定サイトを利用すれば、自宅の商圏内にある買取業者を簡単に複数選べるので手間が省けます。
    しかも申込はほんの数分で完了するというお手軽さです。









    お手軽で便利、更に無料で利用できる
    車買取り無料一括査定 を是非お試しください。


高額査定を実現するために

  • ● 「査定士さん」のあなたに対する心証を良くしましょう。
    まずはじめに、「査定士さん」も仕事とはいえ貴重な時間を使用し、あなたの愛車の査定を行う訳ですので「あなた」も買取りに対しての本気度を見せる必要があります。









    ■ あなたの本気度をアピール 具体的には、「見積り額」や「引渡日」など、条件に折合いがつけば、「すぐにでも契約します」という気持ちで対応するということが大事です。
    「査定士さん」が、あなたに対して「本当は売る気がないのでは?」と印象を持たれてしまいますと、「査定士さん」もプラスαの査定をしてくれない可能性があります。
    そうならない為にも、まずは「あなたの本気度」をアピールしましょう。

    ■ あなたの愛車の愛着度をアピール
    「査定士さん」は査定する車が見えない部分でどのように扱われていたのかというところが知りたいはずです。
    というのも、雑に扱われた車よりも、大切に愛情をこめて扱われた車のほうが、状態が良いということが多いからです。

    例えば、全く同じ車種・年式・走行距離の車AとBを査定したとしましょう。
    A は、持主から深く愛情を注がれ、定期的にメンテナンスを行い、また洗車などもよく行いいつも綺麗な状態を保っていたとします。
    B は、持主から何も手を入れられず、メンテナンスや洗車も殆どされておらず、お世辞にも綺麗とは言えない状態とします。
    あなたもお解りだと思いますが、査定に於いてプラスαの可能性があるのは間違いなく「A」だということです。

    何が云いたいかと言うと、車の綺麗さなどの外観はすぐにわかりますが、定期的なメンテナンス情報などは、持主が「査定士さん」に言葉で伝えないとわかりにくい情報です。
    そんな言葉で伝えないとわからない情報を「査定士さん」に伝えるということが、持主の車に対する愛着度合いが高いということになり、プラスαの可能性に繋がります。

    ■ 愛車の外装、内装、追加パーツなどをアピール
    特にオプション品や社外パーツなどはプラスαの可能性が高くなるので、忘れず伝えましょう。
    「査定士さん」への伝え漏れ防止のため、自分用にメモを作成しておくのも良い方法だと思います。

    【一例】
    ・オプション品
     (バックモニター、カメラ、サンルーフ、電動スライドドア、カーナビなど)
    ・社外パーツ(エアロパーツ、ホイール、マフラーなど)
    ・装備品(レーダー、ルームミラー、ドリンクホルダーなど)
    ・内装(シートカバーやフロアマット、トランクルームカバーなど)
    ・冬用のスタッドレスタイヤの有無
    ・外装(洗車やワックスがけの頻度、キズやへこみの状態など)
    ・車内での喫煙や土足禁止の有無
    ・社外ホイール使用の場合、純正ホイールの有無 など

    ■ 他のお店での見積り額を伝える
    既に他店舗で査定を行っている場合は、「他店では●●万円だった」と見積り額を正確に伝えます。
    持主が一番高いところに売却したいという気持ちは理解しているので、「査定士」さんも前向きに検討してくれるはずです。
    ただし注意したいのは、ここでウソの見積り額を伝えると「いくらなんでもその金額はあり得ない」ということになり、相手にされなくなってしまう恐れがあります。
    あくまでも正直に交渉しましょう。
    ウソは絶対に禁物です。

    ■ 愛車の洗車・室内の清掃
    洗車・清掃することによって見積り額のプラスαが見込めるということは殆どありません。
    しかしながら、前項で説明した通り、愛車への愛情度合いにも関係し、何より「査定士さん」の心証が良くなるということは間違いありません。
    また、清掃のポイントとしては、煙草のニオイやペットの抜毛などは出来るだけ残さないよう気をつけましょう。

    ■ よくある質問
    ◆ 査定にはどれくらい時間がかかりますか?
      A: 一般的に、査定自体は大体10分~15分もあれば終わります。
        その後、5分~10分くらいで見積り額を算出しご提示ということになります。

    ◆ 車検の満了日が近い場合は車検を受けた後に査定した方がいいですか?
      A: 車検前に査定を受けることをおすすめします。
        車検にかけた費用分以上の見積り額が上がる事は殆どありません。

    ◆ 装備品やオプションで見積り額は変わる?
      A: もちろん変わってきます。
        特に純正ナビやサンルーフ、レザーシートなどのメーカーオプションは
        高く評価されます。
        また、社外パーツを取付けている車は、純正部品の有無で見積り額が
        変わることもあります。
        査定を受ける際は純正部品もご用意ください。

    ◆ 査定前にキズの修理をした方がいいですか?
      A: 査定前に修理しておく必要はありません。
        修理費用のほうが高くつく可能性があります。
        また、修理の出来具合によっては、逆にマイナス査定の判定とも
        成りかねないのでそのままで良いと思います。

    ◆ 査定前にオイル交換やフィルター交換をした方がいいですか?
      A: 査定前だからと言って特別に行う必要はありません。
        普段から定期的に行っているということをアピールしましょう。

査定に必要な書類の準備

  • ■ 車買取り無料一括査定の申込時に必要な情報
    1. メーカー名・車種名・年式・走行距離
    2. お名前・郵便番号・ご住所・お電話番号・メールアドレス

    上記の情報がわかれば、簡単に申込みができます。

    ■ 査定時に必要な書類
    1. 自動車検査証(車検証)
      車内への携帯が義務付けられている書類です。
      【紛失時の対応】管轄の運輸支局で再発行してもらう必要があります。





















    上記の書類が査定時に必要となりますので、すぐに取り出せるよう確認しておきましょう。

    ■ 買取契約時に必要な書類
    1. 実印
       不動産や自動車の購入・売却時に使用する非常に大事な印鑑です。

    2. 印鑑登録証明書
       実印を証明する証書です。
       車の売却時には、発行日から1カ月以内のものが必要となります。
       ※ 買取業者によっては、発行から3カ月間有効とする場合もあります。

    3. 自動車税納税証明書
       毎年5月末までに納める自動車税の納税証明書です。
       【紛失時の対応】各都道府県の税事務所で再発行してもいましょう。

    4. 自賠責保険証
       車検ごとに次の車検時までの加入手続きを行った際にもらう、加入証明書
       です。
       【紛失時の対応】保険会社で再発行してもらいましょう。

    5. リサイクル券
       自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明す
       る書類です。
       【紛失時の対応】自動車リサイクルシステムのホームページから
              「自動車ユーザー向け」 → 「リサイクル料金検索」 にて必
               要事項を入力し確認し印刷をします。
               その書面がリサイクル券の代替となります。

    6. 振り込み口座
       売却金を振り込んで頂くために必要となりますので、メモなどに記載してお
       きましょう。

    ※ その他、書類の記載内容に変更がある場合は、別途下記をご用意ください。
      ・住民票
       自動車検査証(車検証)に記載されている住所と、現住所(印鑑証明書に
       ある住所)が違う場合に必要となります。
      ・戸籍謄本
       結婚などで姓が変わっている場合に必要となります。

    上記の書類が買取契約時に必要となりますので、あらかじめ準備しておきましょう。


    次は、いよいよ
    「オススメ無料一括査定サイト」をご紹介します。